Pocket
LINEで送る

人は8つの欲求がある

現代広告の心理技術101って本。
  • 楽しく長生きしたい
  • 食べ物飲み物
  • 性的に交わりたい
  • 人に勝ちたい
  • 恐怖から免れたい
  • 快適に暮らしたい
  • 愛する人を守りたい
  • 社会的に認められたい
これを刺激することで物が自然と売れる。
ほかの欲求(例えば情報が欲しい)よりも比べ物にならないくらい大きい。
つまり今、ビルの中にいて火事になっている時に本屋の本を買おうとするだろうか?
これは明らかですね。
つまり本能なんです。
本能に訴えかける広告が出せれば自然と物が売れるというわけ。
これが出来れば儲けることは簡単らしい。
長生きするための健康グッズ、サプリ
美味しいお店や食材について
性的といえばエロもそうですが、デート術などもあてはまりますよね
出世するための世渡り術とか
恐怖を免れたい、愛する人を守りたいっていうのは保険商品でも使えそう
快適に暮らすための手段として仕事、お金がほしい
とか本当に人間の欲求って集約するとこの8つなんだなと感じます。
特に人間らしいのが「社会的に認められたい」
言い方を変えると「自己重要感」
やっぱり、「どうでもいいひと」って思われたくないですよね。
「お前は何も考えずにトイレ掃除だけしてればいいんだー」
なんて言われたら嫌になりますよ。
同じトイレ掃除でも
「本当に助かっています。君のお陰で気持ちよく快適に使えます」
って言われたらうれしいですよね。
人間関係をうまく維持していくのでもこの自己重要感がめっちゃ大事ってことです。
人を褒めるってのはこういうことなんですね。
人間関係ってビジネスと超密接に関係しているんです。
だってビジネスってお金の流れですよね。
お金を持っているのは人間なんですよ。
猿じゃないんですw
犬でも猫でもないんですw
だから、人間関係を円滑に出来るってことはビジネスにおいて重要ってこと。
ビジネスは人間への価値提供ですから。
人間に価値を提供するためにはどうしなくてはいけないか?
まずは、人間に会う
そしていい情報を教える・知ってもらう
そして買ってもらう
この3つです。集客、教育、販売です。
この3つとも人間が絡むから人間関係が重要、つまり心理学が重要ってことです。
ネットビジネスでも全く同じです。
ネットを介して人間に会う、情報を提供する、そして買ってもらうだけですから。
ネットを使うメリットは一回記事に書いておけば、それだけで訪問者に話が伝わるということ。

まとめ

少し話がずれましたが、ビジネスをしていく上で心理学は超重要で、
その心理学によると、人間の欲求は8つある。
その8つの欲求をしっかり理解して使えるようになればものは売れていくということ。
とくに売るものがない、アドセンスでも相手はgoogleじゃないて人間ですから。
googleも人間がプログラム作っていますしね。
しっかりと心理学を学んで使えるようにしていきたいと考えています。