Pocket
LINEで送る

11/26についにワードプレス設置!

ドメインはサーバーと同じエックスサーバーでとったので紐付けは瞬殺。

はてなブログとダッシュボードが似ているなぁって印象だけど、プラグインとかFFFTPとか意味不明なものが多くて、特にスパム対策が大変で

結局1日かかりました(⌒-⌒; )

そして、肝の外注さん募集。

初めての業務委託。

ドキドキしながらクラウドワークス に4件ほど案件を出して見る。

すると……

数時間経ってから「募集中断中」に…

ええ〜(>_<)

ちょっとまって

これ、最初から挫折しちゃうやつ?

テンプレートをそのままはっつけただけだったからコピペと判断されて弾かれたのかなぁ…

募集文を確認しようとしても

「指定された情報にアクセスする権限がありません」

と表示され突然作業出来なくなってしまいました

ググっても解決策出て来ないし…

うわわわぁぁぁ…

えー何もできないじゃん

初めからこれじゃあ困るんだけど、何とかならないの?

はじめから想定外で沢山あったやる気もシュンと落ちてしまいました。

調べてみるとクラウドワークスの質問コーナーで「問い合わせしてみたら」という回答があったので、早速お問い合わせ…

運営者情報記載の連絡先に問い合わせするとか、お問い合わせフォームでやるとかありましたが、お問い合わせフォームが良かったですね。

朝問い合わせて、夜メールが届きました。

違反求人の取り締まりを強化しているらしく、仕事内容に問題があるとシステムが自動で判断したようで、アカウントが利用制限されてしまったようです。

ちなみに違反はないようで安心。

そりゃそうだよなぁ…でも、なんでなんで?

自由形式で募集かけると必須項目にチェックをつけなくても募集出来ちゃうんですね。

記事テーマを入れるボックスとか、記事単価とか無記入だったのが良くなかったのかもしれません。

まだ、公開待ちなので安心できないですが…

あー、仕事忙しいのに…というか通勤時間クソ長いのに

これからライティング教育動画も作らなきゃいけないし、キーワード選定も慣れなくて全然出てこないしやばいよー

という状況です。

そして、やっとの事で募集開始されるも…

応募が来ない

こういう時は泣き寝入りするんじゃなくて対策を冷静に考えることだよね(^^)

って事でクラウドワークスの中でもライバルチェック!

1記事200円で30記事契約で出したけど、今の相場はもう少し高いみたい。

企業なんかは1文字2円とか出してるところもあるし…

低単価募集している人を参考にするのが良さそうかな?

って事で色々見ていると勉強になる。

「ライターさんになると良いことあるよー」

とか

「ライティングの技術身につくよー」

とかメリットをガンガン盛り込んで

あと、タイトルって大事だよね。

SEO対策するときと同じように考えてみた。

まず、タイトルの字数。

大体45文字以上になると

「初心者の方にも…」

みたいになっちゃう。

てことは45字以内かな。

そこに内容を思いっきり盛り込む!

さぁ、来い!(怖いから来ないで)

つづく