Pocket
LINEで送る

モチベーションは管理可能だよ!というお話をしていこうと思います。

やる気がない時ってありますよね。

「なんか、暇だしツイッターやるか」

とか

「勉強めんどくさいなぁ、ちょっとだけテレビ見てからにしよ」

とか

「なんか疲れたし寝よwww」

とか

「寝てから頑張ろ」

とか

「もうお昼ご飯の時間だから食べてから頑張ろ」

とか

絶対、こういうのあるんですよね。自分がそうですし、みんな言わないだけでダラダラマンって多いわけです。

でも、なんで仕事の日に会社にいってちゃんと仕事ができるか?

それは「やらなきゃ評価が下がってクビになって生きていけないから」の他にも理由があります。

①習慣

②とりあえず出かけるから

今回は②についてです。

とりあえず家を出て仕事場に向かう。

そうすると外の空気を吸って少しシャキッとしますね。

とりあえず仕事場に着けば仕事するしか選択肢が無いので、嫌だろうがなんだろうが出来ちゃうんです。

これ、会社じゃなくて学校でも同じです。

モチベーションを上げるとか上げないじゃなくて自然に上がるんです!

まず、何かをやなんらかの外部刺激が必要です。

人はテレビ見るとかツイッターをやるとかハードルの低いことに流されてしまいます。

記事を書くとか本を読むとかめっちゃハードル高いですよね?

そこで、

記事を書くなら100時でもエバーノートに書いて見る

とか

本の目次だけでも見てみる

とか

あとは、為になるyoutube動画を見たり聞いたりする

ということをします。

特に私がモチベーションを上げるのに、すでにネットビジネスで成功している人の音声を聞きまくること。

そうすると、

「やっべ、最近アウトプットして無いな」

「ツイッター集客しなきゃ」

「経営の勉強しないと」

など「ヤバい」という気持ちになります。

この「ヤバい」という危機感が超重要で、この危機感を常に感じていることでそれが自然とやる気になって行動を写せるようになります。

本当にやる気が出ないときはマインド動画をバンバン聞いて、

「この人でも出来たんだから自分も同じようにやれば必ずできる」

と危機感たっぷりのマインドを整えています。

そして、ヤバいと思ったらすぐにやること。良いと思ったらすぐ実行。

「おっしゃーやるぞー、でも今日は遅いから明日帰ってから頑張ろ」

じゃダメです。

忘れてしまいます。

まとめ

やる気がおきない時にやる気を出すためのポイントは3つ

  • とりあえずやる
  • 外部刺激でマインドを整える(特に音声学習が効果的)
  • そして、やる気になったらすぐ実行

です。